コラム

思い込みの視界

私は経営者の方からダンスの先生、プロゴルファー、看護師、牧師、専業主婦まで幅広くコーチングを行っております。

ある人にそのようなお話をした時、質問を受けました。『ダンスの先生って話すのが上手じゃないのですか?何でコーチングを受ける必要があるのですか?』素朴に疑問に感じたようでした。

その方はダンスの先生だから話すのが上手だという思い込みがあったのかもしれません。しかしダンスの先生がコーチングを受ける理由は“話が上手くなるため”に受けているとは限りません。

その真実を判れば、思い込みは解消されます。

人前でお話を得意としている営業マンが何故、部下とコミュニケーションできないの?営業マンは話すプロなのに。。

それも部下とコミュニケーションを取れない真実が判れば、その謎も解けます。

出来て当たり前だけれども出来なくて悩んでいる方も事実としてありますが、決め付けて見ていたり、間違って受け止めていることは、自分自身では気づかない場合が多いかもしれません。

必ずしもその職業に合った悩みでコーチングを受けているとは限らないものです。

 

コラムメニュー