コラム

聞いてあげるふりをして聞き流す

経営者のタイプにはトップダウン型、ボトムアップ型とうさまざまな経営者のスタイルがあります。

トップダウン型の経営者は、独善的で自分の発想が正しいということを前提に部下に考えを押し付ける傾向があります。

それだけなら良いのですが、部下の行動が期待値よりも低い場合、罵倒がはじまります。

普通ならこのような会社では、“自分で考えて動いていこう!”という発想は出にくいものです。何故なら、余計なことをして叱られるのはタマラナイからです。

そういうマイナス面は弊害として出てしまうのですが、プラス面もあります。

いくら罵倒され、叱られ、物を投げつけられても、右から左に聞き流し、それに対処できるという心臓に毛が生えるような図太さが生まれるからです。ボトムアップ型経営者の下では生まれにくいかもしれません。

このような体験を積まれている方は、いろんなアクシデントにも動じない強さがあります。それはしっかり聞いてあげるふりをして聞き流してあげる一種の愛情表現が自然とできるということです。その愛情は何故生まれたかというと、面倒見の良い親分から温かい部分をいただいているところが大きいと思います。

コーチング的発想からは、トップダウン型の経営は批判の対象になりがちですが、プラス面はたくさんあります。

 

コラムメニュー