機能するビジネスコーチング

職場に中途半端な状況でコーチングを導入するとするほうもされるほうも疲弊してしまいます。
しかし目標設定を行いコーチングを導入すれば、ビジネスコーチングは機能します。

業績アップのための必勝マニュアル

1) 周りを信頼して任すことができる(相手を信じる)
2) 周囲や関わる先に対して承認できる(承認のスキル)
3) 目標を持ち戦略を練る(目的意識を高める)
4) スピーディに行動する(効率の追求)
5) 協力者がいつでも周りにいる(周りからの支援)
6) 行動力がある(遂行能力)
7) 新規先へのコンタクトを取る(新しいことへのチャレンジ)
8) 継続性を持ち次につなげる(途中で投げ出さない)
9) 新しい種まきを常に行う(将来を見通した行動)
10) 行きたくない先に疎遠にならない(逃げ腰にならない)
11) 関係・人脈・パイプを作る(自ら働きやすい環境を作る)
12) 情報収集力を強化(リサーチする習慣化)
13) 顧客ニーズを掴む(質問力を高める)
14) 重要案件を発掘し掘り下げる(相手が困っていることの特定)
15) 案件を具体化する(企画立案能力)
16) 商品化して提案する(プレゼンテーション能力)
17) チャンスを逃さない(タイミングを常に計る)
18) 創造性を持って生み出す(新商品開発力)
19) パートナーシップを構築する(信頼関係の構築)
20) 間違ったと気づいた時に方向転換できる(軌道修正力)

 

上記の20項目が自然と備わっている人もいらっしゃいます。
その方は自然と業績を伸ばせる力があります。

しかしそんな人ばかりではありません。この20項目をどんな人でも出来るように していくのは大変難しいです。
なぜならそれぞれの気持ちの問題が大きいからです。
そこにコーチングが機能すれば業績アップに貢献することは間違いありません。

これらについて行動を促すコーチングを行っていくことが競争に勝てるビジネスマンになれます。

この20項目は基本的に物を売り込む考え方ですが、他の業種・職種にも十分応用できます。

ビジネス必勝マニュアル×コーチング=業績アップ